拠点リーダー挨拶

  • 九州大学持続的共進化地域創成拠点
    プロジェクトリーダー(NTT西日本   技術革新部R&Dセンタ 開発企画担当   担当部長)

    石原 晋也
  • 九州大学持続的共進化地域創成拠点
    研究リーダー (九州大学理事、副学長)

    若山 正人

文部科学省「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」における九州大学持続的共進化地域創成拠点(九州大学COI拠点)は、電力の高精度な需給予測、電力調達支援、エネルギーマネジメントシステム、電気代そのまま払いなど多様なクリーンエネルギー活用技術や制度、電気自動車(EV)や水素によるインバランス補償などによって系統に依存しない真のエネルギー地産地消を実現し、地域で生み出したクリーンエネルギーによるキャッシュを地域において循環させることで地域経済の活性化を目指しています。このような原資を活用することにより、交通弱者への移動手段の提供やICT見守り等による社会的弱者への「あんしん・あんぜん」の提供を可能とし、閉じこもりがちな地域住民の活動の活性化を図ります。これらによって街の賑わいを創出し、更なる地域経済活性化につなげることを目指して研究開発活動を推進しています。クリーンエネルギーと地域経済活性化によって自立した持続的地域創成を日本中全国に広めていくことで、過疎化や高齢化などによる人口減少で活力を失う地域の再生と脱炭素社会の実現に向けた地域からの貢献を加速していきたいと考えています。