活動状況

お知らせ

2017.10.01

[お知らせ]九州大学共進化社会システム創成拠点のプロジェクト リーダー(PL)交代について

当拠点は2017年10月1日をもって、以下のとおり、プロジェクトリーダー(PL)の交代を行いましたのでご案内申し上げます。

■新旧プロジェクトリーダー(PL)の氏名、所属

新: 石原 晋也(いしはら しんや)   所属:西日本電信電話株式会社(NTT西日本)
                          技術革新部 研究開発センタ 担当部長

旧: 是久 洋一(これひさ よういち)    所属:九州大学共進化社会システム創成拠点
                              拠点長

退任のご挨拶

今回、共進化社会システム創成拠点のプロジェクトリーダー(PL)を、10月1日付でNTT西日本の石原さんに譲ることとしました。
COI後半戦の社会実装を実現するうえで、より強力に参画企業との事業化連携を図ってもらうべく体制変更を図ります。情報通信基盤(都市OS)の上で、エネルギー分野、モビリティ分野、市民サービス分野などの先端技術を融合しながら都市問題、地域問題を解決する社会システム構築する上で、その目的に相応しい企業から元気な若いPLを選出してもらいました。私は、主として共進化社会システム創成拠点で進めてきたエネルギー系テーマの事業開拓を、新しく起こした会社で進めていきますが、九大COIにも籍を残して石原新PLを陰からサポートしたいと思います。
今後も、拠点メンバー一丸となって社会実装実現に向けた活動を参画機関と連携して進めて参ります。関係の皆さまの、これまで以上のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

新PLよりご挨拶

この度、共進化社会システム創成拠点のプロジェクトリーダ(PL)の任を引き受けることとなりました。
前任の是久PLが、若山研究リーダ(RL)、安浦研究アドバイザ他、エネルギー・モビリティ・市民サービスの各部会の検討メンバーおよびそれぞれの部会に参加する多くの参画企業のみなさんと進めてきた本プロジェクトからは、これまでにも①産学連携による製品化(燃料電池、等)、②エネルギーマネジメント事業(春日ブルーエナジー設立)、③行政・市民サービス創出事業(みやま市などとの自治体協業)など多くの成果が産み出されてきたところです。
センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム9年間(最長)のちょうど折り返し地点にさしかかり、これからはいよいよ後半戦です。社会課題を技術が解決することで社会が次のステージに進化し、そこで現れる新たな社会課題が技術をさらに進化させる、その相互作用が永続的な営みとして人々の暮らしを持続的に豊かなものにする、そんな共進化社会の一日も早い実現を目指して、その基盤となる社会システム基盤(都市OS)の社会実装を加速していきたいと思います。よろしくお願いします。

 

一覧に戻る