活動状況

お知らせ

2018.06.20

タイの公共部門開発委員会(OPDC)グッドガバナンス促進研究所(IGP)によるトレーニング参加者視察訪問について

2018年6月12日(火)、タイの公共部門開発委員会(OPDC)のグッドガバナンス促進研究所(IGP)による「持続可能な開発のガバナンス」について学ぶプログラム参加者46名が九州大学共進化社会イノベーション施設へ視察訪問に来られました。
4月に一度訪問されたPanaros Malakul Na Ayudhya教授(Chulalongkorn University, Program director of Advanced Certificate Course in Public Administration and Law for Executives)が今回も引率されていました。

訪問者はCOIプログラムと当拠点の背景、グッドガバナンスと継続的な発展などに関心を持たれており、当施設3階セミナー室にて当拠点の取り組み等について説明を行いました。質疑応答でも色々な質問があり、活発に意見交換をおこないました。

 

説明後、当施設内を案内しました。施設内の研究室、実験室なども熱心に見学されました。最後に「COIとCESSの取り組みについては継続的な発展を続けていると感じた。自国に戻り是非参考にすべき案件として報告するつもりだ」と感想を述べられました。

帰り際には梅雨の合間の爽やかな天気の中、施設前のエントランスで集合写真を撮りました。

一覧に戻る