活動状況

お知らせ

2019.01.10

東京大学COIサテライト ワークショップ開催について

2018年12月20日(木)13:00より学士会館202号室において、東京大学EMSサテライトによるワークショップ「再生可能電源大量導入に伴うエネルギーシステムのイノベーションと電気代そのまま払いの新たな展開」を開催しました。
本ワークショップでは、再生可能エネルギー(特に太陽光発電)の大量導入に伴う電力系統の安定化に資する方策検討、各方面から大きな関心が寄せられている「電気代そのまま払い」の社会実装による省エネルギー/CO2排出量低減、エネルギーとモビリティの共進化による両分野の問題解決の新たな方策等に関して実務者・研究者・政府関係者を招聘して講演およびパネル討論を行い、最先端の知見を共有しました。
最初に、九州大学持続的共進化地域創成拠点の石原晋也プロジェクトリーダーより開会挨拶を行いました。続いて、東京大学EMSサテライトリーダーの松橋隆治教授より趣旨について説明した後、第一部では研究者からの講演を行いました。また第二部では各方面の専門家によるパネルディスカッションを行い、ディスカッション後には活発な質疑応答もあり、成功裡に本ワークショップを閉会することができました。今後もワークショップ等の活動を通じて最先端の知見を共有し、当拠点のエネルギー分野の研究成果を社会実装できるよう積極的に研究活動をすすめていきます。

東京大学COIサテライトHP:http://enesys.t.u-tokyo.ac.jp/coi/

第一部

第2部

一覧に戻る