活動状況

お知らせ

2016.07.20

第12回九州大学学術研究都市情報交流セミナー開催について

2016年7月13日(水)14:00より西鉄グランドホテル(福岡市)において「第12回九州大学学術研究都市情報交流セミナー」が開催されました。
初めに九州大学の安浦寛人理事・副学長よりご挨拶があり、続いて(公財)九州大学学術研究都市推進機構の貫正義理事長より主催者挨拶、同機構の有吉知美事務局次長より九州大学学術研究都市の紹介がありました。
その後、講演へと移り、下記プログラムの講演がありました。
まず九州大学炭素資源国際教育研究センター 原田 達朗教授による「再生可能エネルギー地産地消の取組み」について講演が行われ、当拠点からは是久洋一拠点長による「九州大学COIプログラム「共進化社会システム創成拠点の進捗と今後の展開」について講演が行われました。

いくつかの講演を通じて九州大学学術研究都市のまちづくりについての情報交流がなされました。

講演プログラム

○「再生可能エネルギー地産地消の取組み」
  九州大学炭素資源国際教育研究センター 教授 原田 達朗 氏

○「九州大学学術研究・産学官連携支援の取組みについて」
  九州大学学術研究・産学官連携本部 副本部長 古川 勝彦 氏

○「九州における大学発ベンチャー支援ファンド「QBファンド」の取り組みについて」
  QBキャピタルLLC 代表パートナー 坂本 剛 氏

○「中央分析センターにおける分析機器共同利用の取り組み」
  九州大学中央分析センター 助教 渡辺 美登里 氏

○「よろず相談室「分析NEXT」のご紹介」
  (株)三菱化学テクノリサーチ 特別研究員 兼 (公財)九州先端科学技術研究所専務理事 
  川畑 明 氏

○「九州大学COIプログラム「共進化社会システム創成拠点」の進捗と今後の展開」
  九州大学共進化社会システム創成拠点 拠点長 是久 洋一 氏

○「糖質の蛍光イメージングと多糖由来遺伝子キャリヤの開発:化学の立場からバイオの世界に
  迫る」
   (公財)九州先端科学技術研究所 所長 兼 九州大学高等研究院 特別主幹教授 新海 征治 氏

                                                                                                         以上

一覧に戻る